TOP > ブログTOP > news > 2018年11月 税務カレンダー

  • 2018年11月 税務カレンダー

    内容 期限
    所得税の予定納税額の納付(第2期分) 納期限…11月30日
    所得税の予定納税額の減額申請 納期限…11月30日
    特別農業従事者の所得税の予定納税額の納付 申請期限…11月15日
    個人事業税の納付(第2期分) 納期限…11月中において都道府県の条例で定める日
    10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月12日
    9月決算法人の法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税の確定申告 11月30日
    3、6、9、12月決算法人の3月毎の期間短縮に係る消費税・地方消費税の確定申告 11月30日
    法人・個人事業者の1月毎の期間短縮に係る消費税・地方消費税の確定申告 11月30日
    3月決算法人の法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税の中間申告 11月30日
    消費税の年税額が400万円超の3、6、12月決算法人の3月毎の消費税・地方消費税の中間申告 11月30日
    消費税の年税額が4,800万円超の8、9月決算法人を除く法人の1月毎の消費税・地方消費税の中間申告(7月決算法人は2カ月分) 11月30日

     

     

    11月11日~17日は国税庁の「税を考える週間」です。

     

    ※以下国税庁HPより引用

    国税庁では、日頃から国民の皆様に租税の意義、役割や税務行政の現状について、より深く理解してもらい、自発的かつ適正に納税義務を履行していただくために納税意識の向上に向けた施策を行っています。

    特に、毎年11月11日から11月17日までの一週間を「税を考える週間」とし、この期間を中心に様々な広報広聴施策を実施するとともに、税務行政に対するご意見やご要望をお寄せいただく機会としています。

    今年の「税を考える週間」では、「くらしを支える税」をテーマといたしまして、国民の皆様に国民生活と税の関わりを理解してもらうことにより、国民各層の納税意識の向上を図ることとしています。

     

    詳しくは国税庁HPをご覧ください。
    「税を考える週間」ってなに?

    2018年10月18日


    横浜の税理士法人小林会計事務所では皆様からのお問い合わせをお待ちしております。会社設立、税務会計、事業承継、経営計画、相続など、お困りの事がございましたらお気軽にご相談ください!

    会社設立・税務会計・相続のご相談は横浜の税理士法人小林会計事務所へ

    フリーダイヤル0120-588-413
    <お電話での受付時間 平日 9:00 ~ 18:00>
    WEB面談も実施中です。お気軽にお問い合わせください!

PAGE TOP

カテゴリー一覧

最新の記事投稿


アーカイブ

会社設立支援プラン!