TOP > ブログTOP > news > 利付国債と個人向け国債の違い

  • 利付国債と個人向け国債の違い

    利付国債も個人向け国債も日本国が発行する債券(借金)のことです。国が保証するため、リスクがもっとも低い債券といえます。

    利付国債と個人向け国債には下記のような違いがあります。

     
    利付国債
    個人向け国債
    満期 2年、5年、10年 3年、5年、10年
    金利 固定金利 固定金利(3年・5年)と変動金利(10年)
    購入金額 5万円以上5万円単位 1万円以上1万円単位
    利払い 半年ごと 年2回
    中途解約 いつでも可能。
    市場で売却。
    市場情勢に応じて元本は変動。
    国が買取り。
    一定期間経過後手数料を払う。
    元本は変わらない。
    発行回数 毎月 年4回

    2015年08月07日


    横浜の税理士法人小林会計事務所では皆様からのお問い合わせをお待ちしております。会社設立、税務会計、事業承継、経営計画、相続など、お困りの事がございましたらお気軽にご相談ください!

    税理士法人小林会計事務所 0120-584-413

PAGE TOP

カテゴリー一覧

最新の記事投稿


アーカイブ

会社設立支援プラン!