小林会計事務所TOP > 会社設立をお考えの方 > 補助金・助成金支援

税理士法人小林会計事務所の補助金・助成金支援

助成金とは

助成金とは「融資と違い、返済不要で国からもらえるお金」のことをいいます。

「補助金・助成金」制度とは返済が不要な国・地方自治体・民間の支援制度です。
実は「補助金・助成金」は一般的に出回っている情報ではないので知っている経営者はそれほど多くありません。
もしかしたら「助成金・補助金」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが内容が分からないゆえに貰い損ねている場合もあるかもしれません。

助成金制度は国の予算で計上されるため、対象事業者や職種、募集時期などその年度ごとに異なります。また、さまざまな事業を対象としているので、制度の数も数千種類にのぼります。

助成金に関する注意点

助成金ご相談でよくお聞きする内容が
「創業資金の足しにしたいから助成金を考えている」
「すぐにもらえる」ということがあります。

助成金は、創業時に使用した費用や雇用などを行った見返りとしてもらえるものなので、事業計画書提出だけで支給してもらえるものではありません。
また、支給開始までも短いもので3カ月、長いものだと1年以上かかる場合もあります。

補助金の制度

助成金の他にも補助金制度があります。

補助金は経済産業省で毎年予算を確保し、募集を募るため制度が受けられる数があらかじめ決まっています。申請しても必ず受給できるわけではありませんが申請期間に公募してみるのも良いでしょう。

◆補助金のポイント

  • ・予め受領件数や金額が決まっているので、公募期間の間に申請するのが一般的です。
  • ・提出書類でその妥当性や必要性をアピールすることが重要
  • ・プレゼンや面接があり「十分な事前準備による具体性の確保」「質問されたことのみに的確に答えること」がポイント
  • ・助成金に比べ、支給金額が高い
  • ・1回目はハードルが高いが、2回目以降は比較的通りやすい

助成金に関する情報サイト

会社設立・税務会計・相続のご相談は税理士法人小林会計事務所へ

フリーダイヤル0120-588-413
<お電話での受付時間 平日 9:00 ~ 18:00>

メールで問い合わせる(無料)

PAGE TOP

経営者の知恵と工夫が会社成長の鍵

スペシャル対談:経営者の知恵と工夫が会社成長の鍵

日経BizGate「私の道しるべ」

日経新聞電子版「私の道しるべ」に掲載されました。

横浜の税理士法人小林会計事務所  代表社員税理士:小林 清 東京地方税理士会  登録番号42049
JR横浜線・新横浜駅徒歩3分 横浜市営地下鉄・新横浜駅徒歩1分 横浜駅から10分の好アクセス

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-13 新横浜ステーションビル1F  TEL.045-475-3677