小林会計事務所TOP > 事務所紹介 > 営業エリア > 横浜市戸塚区で会計事務所をお探しの方へ

横浜市戸塚区で会計事務所をお探しの方へ

横浜市戸塚区で会計事務所をお探しの方へ

横浜市戸塚区で会計事務所をお探しなら、税理士法人小林事務所にご相談ください。

税理士法人小林会計事務所は、「過去会計から未来会計」をモットーに、未来を見据えた税務・会計・M&A・経営コンサルタント業務をはじめ、ファイナンシャルプランナーとしてクライアントの資産の形成、運用から管理・保全まで総合的にアドバイスを行っております。

また、税理士法人小林会計事務所はクラウド会計ソフトに強い会計事務所です。freee・マネーフォワードなど、導入から運用までお任せいただけます。
クラウド会計を導入したいが現在お願いしている会計事務所に扱いがない…などの場合のセカンドオピニオンもぜひご利用ください。

神奈川県横浜市戸塚区について

戸塚区は、鎌倉郡内の1町7か村が横浜市に合併し、1939年に誕生。
面積は35.7平方キロメートルで、瀬谷区栄区泉区を分区してもなお横浜市でいちばん広い。
かつては東海道の宿場町として賑わった。柏尾川流域は古くからの工場が多く、丘陵地は宅地が多い。

戸塚は、すでに鎌倉時代には鎌倉街道中ノ道が通る宿場町であった。江戸時代には東海道の宿場町として江戸を早朝に発った旅人の一泊目に当たり、さらにはかまくら道の追分もあり大いに賑わった。明治時代になると東海道本線が開通し、戸塚駅が開業する。戸塚駅は現在でも当区主要駅となっている。

近代化に伴って日立製作所など多くの企業が進出し、高度経済成長以降は丘陵地の造成が進んだ。現在、東京や横浜のベッドタウンとなっている。

都市整備は横浜市中心部に比べて大幅に遅れた。特に戸塚駅西口再開発事業は1962年の計画立案以来、住民の反対もあり計画が大幅に遅れた。

一帯の再開発が課題となっていたものの、2007年6月より本格的な事業着手や工事が開始された。2010年4月に商業施設トツカーナが完成した。2012年秋に第2交通広場、戸塚区役所新庁舎などが完成した。2013年同旧庁舎より新庁舎へ移転も完了し、翌年には旧庁舎が解体された。これにより、戦後闇市以来の歴史がある「旭町通商店街」は一部を除いて消滅し、さくらモールは完全に消滅した。

JR横浜駅とJR大船駅の丁度中間辺りに位置し、面積は横浜市18区内中で最大である。人口は同第4位。区域は北東から南西にかけて延びており、中央部を柏尾川・東海道線・国道1号が縦断している。谷戸や沢の地形が多い。区内の交差点で渋滞の起こりやすい箇所がある。柏尾川流域は古くからの工場が多い。また、ほとんどの丘陵地が住宅地として開発されている。

Wikipedia 戸塚区 (横浜市)

横浜市戸塚区 区役所

戸塚区役所
〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16−17
045-866-8484

横浜市戸塚区から税理士法人小林会計事務所へのアクセス

戸塚区の代表的な駅から税理士法人小林会計事務所(新横浜駅)へのアクセスの一例です。所要時間など参考になさってください。

戸塚駅から新横浜駅(市営地下鉄利用で約40分)
JR東戸塚駅から新横浜駅(横浜駅で横浜線に乗り換えて約29分)
横浜市営地下鉄ブルーライン踊場駅から新横浜駅(市営地下鉄利用で約43分)
横浜市営地下鉄ブルーライン舞岡駅から新横浜駅(市営地下鉄利用で約37分)

新横浜駅から税理士法人小林会計事務所へのアクセスはこちらです。

会社設立・税務会計・相続のご相談は横浜の税理士法人小林会計事務所へ

フリーダイヤル0120-588-419
<お電話での受付時間 平日 9:00 ~ 18:00>
WEB面談も実施中です。お気軽にお問い合わせください!

メールで問い合わせる(無料)

PAGE TOP

はまれぽ 小林会計事務所

インボイス制度特設ページはこちら

日経BizGate「私の道しるべ」

日経新聞電子版「私の道しるべ」に掲載されました。

横浜の税理士法人小林会計事務所  代表社員税理士:小林 清 東京地方税理士会  登録番号42049
JR横浜線・新横浜駅徒歩3分 横浜市営地下鉄・新横浜駅徒歩1分 横浜駅から10分の好アクセス

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-13 新横浜ステーションビル1F  TEL.045-475-3677